• ワイナリー紹介
  • セシリアワインの特徴
  • エルバ島紀行
  • エルバ島紀行

ワイナリーセシリアについて

1990年、ブドウ園“Azienda Agricola Cecilia”アジエンダ・アグリコラ・セシリアを開業。これはミラノの技術者であり実業家であるGiuseppe Cameriniの努力によるもので、Cameriniは50年以上前にエルバ島を訪れて以来、“Podere la Casina”農場でのブドウ栽培とワイン生産に情熱を傾けてきた。
エルバ島内、マリーナディカンポ(Marina di Campo)を囲む小さな3つの農場にブドウ園はあり、およそ10ヘクタールに及び、ワイン製造において最先端のシステムを有する。
ワインセラーには特殊ステンレススチールを使い、発酵の際の温度制御機能、新フィルタリングシステムを完備。新規に設置した熟成セクションでは、小さい、225リットルのカシのバレル(樽)が完璧な熟成をもたらす。

ぶどう畑 セラー 樽
ぶどう畑 セラー 熟成中の樽


■ワイナリーセシリアの位置
3カ所のブドウ園、合計 9.5ヘクタール ワイナリーセシリアの位置

■エルバ島の特徴
海風が強く、ユニークテロワール。 高地であるため、ミネラルが豊富なブドウに育つ。フレッシュ。 エルバ島内で、1~10ヘクタールのブドウ畑のオーナーは5人程である。セシリアは9.5ヘクタール保有で、最大農園の一つである。

①カジーナ(Casina)ブドウ園 ②マルミ(Marmi)ブドウ園 ③イマータ(Imarta)ブドウ園
カジーナ マルミ イマータ
建物の背後: セシリアヒーラー地区
サンジョベーゼ、アレアティコ:合計1ha(海抜60m)
建物の前:アンソニカ、ヴェルメンティーノ:合計3ha(海抜0-10m)
シラー:1.5ha、 モスカート:0.5ha
シャルドネ:0.5ha、 サンジョベーゼ:0.5ha
合計3ha 海抜80m

ヴェルメンティーノ:2ha、海抜80m

マルミブドウ園は右側600m先